【スリット加工とは】
スリット加工とは、ロール状の材料をある一定の幅に切断し巻き取る技術の加工法のひとつです。
この切断幅はさまざまであり、ごく狭い幅から、広い幅まで加工することができます。また、素材に合わせて切断する方法を選択することができ、微細加工や高速加工もすることができます。

このスリット加工によってできた精密機器が使用されているのが日常生活に欠かせないテレビやパソコン、携帯電話などです。また、このスリット加工を行って精密機器を作っている工場自体でも、その精密機器が使用されています。

スリット加工された部品は、設計書通り精密に作られていることはもちろんですが、機器の軽量化という面でも大いに役立っています。また軽量化に加え小型化も各企業によって常に構想を練られており、今後も軽くて小型の精密機器がさまざまな場面で活躍することが期待されています。

また、スリット加工以外にも、精密機器を作る方法にはさまざまなものがあります。
・ラミネート加工
ベースとなるロール状の材料と特殊な粘着フィルムを貼りあわせてロール状に巻き取る技術を用いた加工法です。

・巻き替え加工
スリット加工は行わずに材料を巻き取っていく技術を用いた加工法です。
材料の表裏の変更や、巻芯のコアの変更、いらない部分の除去なども可能な加工法のひとつです。

・断裁加工
断裁加工とは、ロール状の材料をシート状に加工する技術を用いた加工法です。
断裁する際には、「連続トムソン加工」という特殊な加工法を用いて断裁していきます。

OUT LINK